content_title


通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 > 香典のマナー >

香典袋(不祝儀袋)について

表書きについて

市販の香典袋(不祝儀袋)に薄い墨をつかって楷書で書くのが常識です。薄い墨を使うのは、涙でにじんでしまったという意味があります。毛筆で書くのが本式ですが、筆ペンで十分でしょう。

文言は、「御霊前」「御香料」が一番ポピュラーです。ただし、浄土真宗の場合は「御仏前」または「御香料」と書くのが慣わしのようですから「御香料」というのが無難かもしれませんね。

ちなみに神式の場合は「御玉串料」、キリスト教の場合は「御花料」もしくは「献花料」と書くそうです。

もっとも、親族や親戚でもないかぎり、どの宗派なのかとか、どういう宗教なのかということを事前に知ることは難しい場合もあるので、私は、筆ペン持参で会場に行くようにしています。

水引について

仏式の場合は、黒と白が一般的で、銀と白、黄と白も使われます。神式の場合は、銀の水引、キリスト教の場合は水引は一般的にはかけません。

裏側の折り方

下を折ってから、上を折り重ねます。上からの折り返しが上になるようにします。まぁ~あまり神経質になることはないと思いますが…

中包み(中袋)

表にはなにも書かずに、裏に金額、住所(郵便番号)、氏名を書きます(こちらも薄墨で書きます)。会社関係などの場合は会社名の忘れずに記載しましよう。

金額の数字は旧字体(「壱」や「弐」など)を使うのが正式ですが、通常の漢数字で記載しても問題ないと思います。

友人などとの連名の場合は、表に「友人一同」と書き、氏名を記載した紙を中にいれましょう(縦書きで…右から目上の人になります)。ただし、その場合でも、自分の氏名、住所などは中包みの裏に記載しておきます。

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク