content_title


通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 > 喪服についての基礎知識 >

仮通夜の服装

仮通夜は、亡くなった直後に行われるものです。

つまり、ご不幸を聞き、取り急ぎ駆けつけるわけですから平服で参列するのが礼儀です。例え、喪服があったとしても、喪服を着ていくと、不幸を予測していたようで、かえって失礼にあたります。

ただ、平服といっても派手な色合いの服やスポーティーな服、派手なアクセサリーは避け、濃紺やダークグレーなど黒っぽい地味な服装を選ぶのがよいと思います。

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク