content_title

通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 >

お焼香、献花、玉串奉奠の作法

お焼香とは、お香(抹香や線香)を焚くことをいいます。一般的には、葬儀や法事などで、死者や仏に対してお香を焚いて拝むことをお焼香とよんでいます。抹香(香木を細かく砕いた木片)の場合は、炭の上で燃やし、線香の場合は、通常通りに火をつけます(炎を消すときに息を吹きかけてはいけません。手で軽く扇いで消します。)。

また、お焼香には「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」などの種類があり、さらに、宗教、宗派によって回数がことなるなど様々なバリエーションがあります。


インデックス

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク