content_title


通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 > お焼香、献花、玉串奉奠の作法 >

お数珠についての基礎知識

数珠とは念珠と呼ばれる石や木の玉を?いだ仏具です。最近では、お持ちでない方も多いと思いますが、お持ちのほうが丁寧な印象を受けますので、ご自身の宗旨宗派のスタイルの数珠(略式の全宗派に使える短いものもある)を持つのもよいと思います。

数珠は、その形状、長さ、かけ方などが、宗旨宗派によってことなります。しっかりしきたりを遵守したい方は、お調べになれば、スタイル、しきたり、作法はわかると思いますが、お焼香の回数などと同じで、大切なのは気持ちですから、あまりこだわる必要はないと思います。

基本的なこと

  • 数珠は左手でもちます。移動中も左手に持つか手首にかけます。
  • 合掌の際には、両手もしくは左手に数珠(房を下に垂らす)に手を通し、両手の指を離さずに手を合わせます。
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク