content_title


通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 > お焼香、献花、玉串奉奠の作法 >

仏式の焼香(座礼焼香)の作法

遺族や会葬者が遺影の前に順次座って焼香していく形式で、畳敷きの式場でよく用いられるスタイルです。基本的な手順は立礼焼香の場合と同じです。

  1. 腰を屈めて焼香台に向う(まっすぐに立ち上がらず、腰を屈めた状態で移動します。以下、移動の場合は全て)
  2. ご遺族に一礼、ご遺影に一礼。
  3. 座布団の前で両手をつかって膝立ちし、座布団ににじり寄り正座
  4. お焼香(立礼焼香の場合と同じ)
  5. ご遺影に合掌
  6. 再度、両手を使って膝立ちし、座布団から後退
  7. 中腰でご遺族(と僧侶)に一礼し、中腰のまま席に戻る
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク