content_title


通夜・葬儀・告別式の一般常識/基礎知識 > お焼香、献花、玉串奉奠の作法 >

仏式の焼香(立礼焼香)の作法

遺族や会葬者が遺影の前で立った状態で順次焼香していく形式で、椅子席の式場の場合によく用いられ、もっともポピュラーなスタイルです。

  1. 順番がきたら、隣の方に軽く会釈をしてから焼香台に向う
  2. 焼香台にすすみ、まず、ご遺族に一礼、ご遺影に合掌
  3. 親指、人差し指、中指で抹香をつまみ、額の高さに押しただいてから、香炉に抹香をくべる※宗派によって回数などが異なります(後述)
  4. 再度、ご遺影に合掌し、一歩下がってからご遺族(と僧侶)に一礼し、席に戻る。
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

JJ-NET関連リンク